学習相談・英語学習カウンセリング
学習相談

限られた時間のなかですが漠然とした学習相談ではなく、相談者にとってすっきりと納得していただける相談を心がけています。

 

お困りのことがたくさんある場合は、こちらからいくつかのポイントに絞ってご質問をさせていただくことで問題を整理していきます。

学習相談はこんな方にお勧めです

心理検査(WISC-IVやK-ABCなど)やこれまで他機関で学習相談などを受けたことがないけれど、英語学習に関してご不安がある方、これまで学習方法など色々と試したけれどもうまくいかなかった、どうすれば良いのかという悩みをお持ちの方、進路についてあるいは学校とのやりとりなど、これから考えたいという方のご相談に適しています。

形態 : 基本的に電話での相談(希望があればZOOMでも対応可)

時間 : 40分

料金 : 5千円(税抜)

英語学習カウンセリング

英語学習カウンセリングでは、

①英語の読み書き学習のつまずきの現状把握から、

②お子様に合った学習方法と段階的な進め方の提案までを目的としています。

英語学習カウンセリングでは、こんなことがわかります

①お子様が英語学習の「どこ」で「なぜ」つまずいているか

どこでつまずいているか、それはなぜかについてわからないままで、適切な指導はできません。

たとえば・・・

 

「ちゃんと文字は正しく見えているか」

「文字と音がちゃんと結びついて読めているか」

「学年平均に比べて語彙力はどれくらいあるのか」

「今ある語彙の知識は、ちゃんと文字にできているのか」

「文字を見て、音に変換するスピードが遅くないか」

「短期記憶やワーキングメモリの弱さの影響はどれくらいあるのか」

「注意集中はどれくらい維持できるのか」

「視覚的なインプットと、聴覚的なインプットの、どちらが得意か」

 

「英語の音韻感覚はどれくらい育っているのか。どういう操作が得意・不得意か」

1回のテストでこれらの情報をすべて把握し、

お子様のつまずきの原因となっている箇所を特定します。

得意を生かして、苦手を補うような学習方法を探します。

②学習提案

①の結果を総合的に判断し、お子様のつまずきの要因となっていること、

そして

②お子様の認知的な特性を踏まえた、学習提案を致します。

テストの結果はその場でお伝えするとともに、後日書面(4ページほど)にてお渡し致します(1週間〜2週間以内)。

 そのまま学校の先生にお見せしながら、今後の英語学習について相談できるよう、

専門用語をなるべく用いずにわかりやすく、具体的に説明しています。

【内容例】

  1. それぞれのテストの結果

  2. お子様の英語学習上の強みと弱みーお勧めの学習方法

  3. 総合評価

  4. 今後の学習計画(提案)ーどこからどのように始めると良いか

英語学習カウンセリングは、こんな方にお勧めです
  • すぐにでも子どもに合った英語の学習をスタートさせたい、

  • できないと言われてきたが、できる方法があるなら知りたい(もちろんあります)、

  • 心理検査(WISC-IVやK-ABCなど)やこれまで他機関で学習相談を受けたりしたが、英語学習についてはどうすれば良いのか納得した答えが得られない。

  • 学校の先生や塾の先生と子どもの英語指導について話し合いたいが、学習効果のある指導根拠になる材料がない。

  • 単語はなんとなく読めるのにスペルが書けない。どうすればもう少し楽に勉強できるか知りたい。

  • リスニングができるのに読み書きが苦手。どうすれば良いのかわからない。

お子様が中学生、または小学校高学年以上であれば、定期テスト、英検、受験などの対策やその後の進路についても一緒に考えさせて頂きます。

英語の学習は放っておいても上達しません。

適切な時期に、適切な指導介入が必要です。

形態 : ZOOM(オンライン)

時間 : 小学生約1時間半、中学生約2時間

料金 : 小学生12,000円、中学生15,000円(税別)

結果 : 当日結果に基づく学習相談ののち、後日メールにPDFで送付または書面をご自宅に郵送

学習相談と英語学習カウンセリングの違い

※ ​以下、赤 (学習相談)・緑 (英語学習カウンセリング)

学習相談

英語学習カウンセリング

(アセスメント)

形態

基本的に電話でのご相談

※希望があればZOOMでも対応

ZOOM

​※ インターネット

時間・料金

40分 5,000円

小学生:90分 12,000円

中学生:120分 15,000円

対象

小学1年生以上

小学4年生以上

内容

●英語学習全般・進路・学校とのやりとりに関するご相談

●アセスメントテスト

​現状把握のためのアセスメントテスト

(例)

1.文字(アルファベット)の知識

2.音韻意識(英語)の習得状況

3.語彙の知識(中学生以上)

4.単語のスペリング(中学生以上)

※小学生3種類60分、中学生4-5種類90分(お子様のニーズによります)

●保護者様とテスト結果に基づく学習アドバイス(30分)

​●後日テスト結果・所見・今後の学習助言をお渡し(A4用紙・約3-4ページ)

​こういう人にお勧め

●心理検査(WISC-IVやK-ABCなど)やこれまで他機関で学習相談などを受けたことがないけれど、英語学習全般に関してご不安がある方。

​●これまで学習方法など色々試したけれどうまくいかなかった、どうすれば良いのかという悩みをお持ちの方。

●進路について、あるいは学校とのやりとりなど、これから考えたいという方。

​●インターナショナルスクールに通っており、スペリングなどで学校から専門機関での検査を勧められている方。

●心理検査(WISC-IVやK-ABCなど)やこれまで他機関で学習相談などを受けたことがないけれど、英語学習全般に関してご不安がある方。

​●これまで学習方法など色々試したけれどうまくいかなかった、どうすれば良いのかという悩みをお持ちの方。

●お子様の現状を正しく把握し、特性に合った適切な英語の学習をスタートさせたい方。

●心理検査(WISC-IVやK-ABCなど)やこれまで他機関で学習相談などを受けたりしたが、英語学習についてはどうすれば良いのか納得した答えが得られない方。

​●インターナショナルスクールに通っており、スペリングなどで学校から専門機関での検査を勧められている方。

Copyright ⓒ LEK英語読み書き学習支援.All rights reserved.